【要チェック】販売店に支払う必要があるわかりづらい経費について

 

自動車を購入する際に、費用がトータルでいくらかかるのかわかりにくいものです。それは車両価格のほかに、税金や手数料など様々な諸費用が発生するからです。この中でサービスしてくれるものや、自分で行えば費用が発生しないものもありますが、必ず支払わなければならないものもあります。

必ず支払わなければならないものには、まず自動車取得税、消費税、自動車重量税、自動車税などの各種税金があります。すべて合計するとかなり大きな額になります。自動車を所有すると、税金がいかに重いかを実感することでしょう。次に各種手数料があります。必ず請求される手数料に、納車整備費用があります。新車なのに整備の必要があるのかと思う方も少なくないことでしょうが、販売店には責任がありますので、メーカーとは別に検査する必要があるという考えのもとに定められています。この納車整備費用をカットすることは普通はできません。

しかし、納車費用や車庫証明手数料などは、自分で行えばカットすることができます。また、販売員の中には値引きの一貫として手数料をカットしてくれることもありますので交渉してみましょう。この他のものとしては、自賠責保険料、自動車任意保険料などの保険代がかかります。

 

コメントは受け付けていません。