リサイクル法関連費用の内訳と設定されている理由について

自動車リサイクル制度は、最近における環境問題の高まりを踏まえて、2005年に新たにはじまった制度であり、そのために自動車リサイクル法とよばれる法律も制定されています。
自動車が年間に廃車にされる台数は、全国で約350万台ほどといわれており、この制度がはじまる以前にも、鉄などの金属でできている部分については、資源として高値で取引されることから、それなりにリサイクルが進んでおり、残りの資源化が難しいシュレッダーダストについては、埋立処分をするというのが通例でした。
しかし、この埋立処分場の容量が不足して、処分費が高騰したことに加え、エアコンに使われるフロンガスが地球温暖化の原因になることがわかり、高度な処分方法が要求されるようになったため、リサイクル料金を自動車の所有者に負担させる方法が生まれたのです。
こうしたリサイクル法関連費用の内訳ですが、自動車リサイクル促進センターにおける事務管理費が若干含まれているほかは、エアコンのフロンガスを回収するための費用、特殊な処理方法が必要なエアバッグの処理費用、資源化できないシュレッダーダストの処分費用といったものから成り立っています。
具体的に自動車の所有者が支払うべき料金については、車種によって細かく違っており、一概にはいえませんので、メーカーのホームページなどから確認することになります。

コメントは受け付けていません。