ナンバー変更手続き代行費用の相場

中古車販売店やディーラーから車を購入した時に必ず行わなければならないのは名義変更(移転登録)の手続きですが、この手続きを自分でやるようにすると、購入先の販売店が設定している手続き代行費用にあたる分だけ車の購入にかける費用を減らすことができます。この減らすことができる手続き代行費用の中にはナンバー変更手続き代行費用も含まれています。
車を購入した販売店にナンバー変更手続きを代行してもらう場合、支払う代行費用は5,000~20,000円程度が相場となっています。車両価格の高さに比べれば代行費用は少額ですが、少しでも車の購入に関する出費を抑えたいと考えているのであれば、販売店の人に相談して名義変更手続きを自分でやるようにすると良いです。
なお、ナンバー変更手続きを自分でやる場合、この手続きで必要となる費用は新しいナンバープレートの購入代金のみとなります。ナンバープレート代は車種、地域、取り付けるナンバープレートのタイプによって異なります。普通車におけるナンバープレート代の相場は、ペイント式の場合は登録自動車・軽自動車ともに1,400~1,900円程度、字光式の場合は2,800~3,800円程度となっています。また、ナンバーを指定した場合のナンバープレート代については、ペイント式で4,000~4,400円程度、字光式で3,900~5,200円程度が相場となっています。いずれの場合も、ナンバー変更手続きの代行費用に比べると安い費用となっています。

コメントは受け付けていません。