納車整備費用の内訳とは

 

新車を購入すると、様々な費用が発生します。その中でも各種手数料が目につくとことでしょう。具体的に請求されることが多い手数料を挙げると、まず車庫証明費用があります。クルマは駐車するスペースを確保しないと購入することができないからです。ただ、車庫証明書は自分でも簡単に取ることができるので、自分で行えば収入印紙代の2600円以外には必要ありません。二つ目に、納車費用です。これは自宅までクルマを運んでもらうときに支払う費用です。しかし、これも自分でディーラーまで取りに行けば支払う必要はありません。

三つ目は、下取り手数料です。それまで乗っていたクルマとの買い替えの場合は、古いクルマを下取りしてもらうことができますが、そのときに発生する手数料です。しかし、買取業者に売却する場合は、このような手数料は発生しません。このように請求されている手数料も、自分で行えば支払わずに済むことも多いのです。

しかし、必ず支払わなければならないものもあります。たとえば、納車整備費用です。中古車であればまだしも、新車なのに、なぜ納車のための整備費用が必要なのかと納得いかない方もあることでしょう。これは、販売店にはクルマを販売するにあたって責任があるので、各部の調整や点検を行う必要があるのです。また、洗車や内装のクリーニングなども行います。クルマの販売には、メーカーとして責任とディーラーとしての責任の二つあるわけですね。

 

コメントは受け付けていません。