検査登録費用の内訳とは

検査登録費用とは、車検や各種手続きを行う際に支払う手数料のことであり、自動車の車種によっても手数料が変わっています。
自分で自動車の名義変更を行うと、申請時に移転登録手数料が500円必要になり、移転登録申請書の取得代金が100円必要になります。
ナンバープレートの変更を行う場合には手数料が2,000円も必要になり、自動車取得税が必要になる場合は納付するお金も準備しておかなければなりません。
自動車を購入すると、検査や登録などに関する行政手続きを購入した店に代行してもらうことができます。
代行を依頼すると、店側で作成した委任状に署名押印して検査登録料金を支払います。
購入した店に代行してもらうと、手数料として数万円必要になることもあることから、自分で手続きを行ったほうが費用は安くつきます。
しかし、検査登録を行う陸運局などは、平日しか受付けしておらず、午前中と午後4時までしかやっていないので、仕事で平日に時間がない人などは購入した店に代行してもらったほうがよいです。
また、自動車を購入すると車庫証明を警察に申請する必要があります。
こちらも平日の午前9時から午後5時45分ころまでしか受付していないので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。