販売店に支払わなくても良いわかりづらい経費とは

 

クルマを購入する場合に必要な費用というのは、車両価格はもちろんですが、その他にも税金や各種諸費用が必要になってきます。200万円のクルマであれば30万円以上の消費用が発生します。値引きで相殺される部分を考えても、これらの費用はばかにできません。しかし、それらの様々な費用を良く見てみると、いくつかの項目で手数料が発生していることがわかります。たとえば、車庫証明代行手数料や下取り手数料などです。それぞれ10,000円~15,000円程度の費用が請求されますが、これらの費用は必ず支払わなければならないのでしょうか。

たとえば車庫証明代行手数料ですが、自分で最寄りの警察署から車庫証明を取ってきたらこの手数料は必要なくなります。また営業マンによっては手数料をカットしてくれることもあります。何とかして営業成績を上げたい営業マンの中は、何も言わないのに手数料をカットしてくれることも少なくありません。特に値引きは少ない出たばかりの新車の場合、カットしてくれることが多いようです。また、下取り手数料を支払うのが勿体なければ、下取りをせず、クルマ買取業者に売却するのも手です。買取業者は手数料などありませんし、下取りよりも高値で買い取ってくれることが多いです。

 

コメントは受け付けていません。