‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

リサイクル法関連費用の内訳と設定されている理由について

2015/05/22

自動車リサイクル制度は、最近における環境問題の高まりを踏まえて、2005年に新たにはじまった制度であり、そのために自動車リサイクル法とよばれる法律も制定されています。
自動車が年間に廃車にされる台数は、全国で約350万台ほどといわれており、この制度がはじまる以前にも、鉄などの金属でできている部分については、資源として高値で取引されることから、それなりにリサイクルが進んでおり、残りの資源化が難しいシュレッダーダストについては、埋立処分をするというのが通例でした。
しかし、この埋立処分場の容量が不足して、処分費が高騰したことに加え、エアコンに使われるフロンガスが地球温暖化の原因になることがわかり、高度な処分方法が要求されるようになったため、リサイクル料金を自動車の所有者に負担させる方法が生まれたのです。
こうしたリサイクル法関連費用の内訳ですが、自動車リサイクル促進センターにおける事務管理費が若干含まれているほかは、エアコンのフロンガスを回収するための費用、特殊な処理方法が必要なエアバッグの処理費用、資源化できないシュレッダーダストの処分費用といったものから成り立っています。
具体的に自動車の所有者が支払うべき料金については、車種によって細かく違っており、一概にはいえませんので、メーカーのホームページなどから確認することになります。

ナンバー変更手続き代行費用の相場

2015/05/22

中古車販売店やディーラーから車を購入した時に必ず行わなければならないのは名義変更(移転登録)の手続きですが、この手続きを自分でやるようにすると、購入先の販売店が設定している手続き代行費用にあたる分だけ車の購入にかける費用を減らすことができます。この減らすことができる手続き代行費用の中にはナンバー変更手続き代行費用も含まれています。
車を購入した販売店にナンバー変更手続きを代行してもらう場合、支払う代行費用は5,000~20,000円程度が相場となっています。車両価格の高さに比べれば代行費用は少額ですが、少しでも車の購入に関する出費を抑えたいと考えているのであれば、販売店の人に相談して名義変更手続きを自分でやるようにすると良いです。
なお、ナンバー変更手続きを自分でやる場合、この手続きで必要となる費用は新しいナンバープレートの購入代金のみとなります。ナンバープレート代は車種、地域、取り付けるナンバープレートのタイプによって異なります。普通車におけるナンバープレート代の相場は、ペイント式の場合は登録自動車・軽自動車ともに1,400~1,900円程度、字光式の場合は2,800~3,800円程度となっています。また、ナンバーを指定した場合のナンバープレート代については、ペイント式で4,000~4,400円程度、字光式で3,900~5,200円程度が相場となっています。いずれの場合も、ナンバー変更手続きの代行費用に比べると安い費用となっています。

下取り車手続き代行費用と名義変更

2015/05/22

自動車を新しくディーラーから購入する方の場合では、古くなってしまった自動車をそのまま下取りに出すことを行う場面も見られます。このケースでは新車購入時に支払う料金から、下取りに相当する部分が差し引かれたり、そのまま振込みが行われるケースもありますが、どちらにしても少しでもお得に利用することを希望する方が多い傾向にあります。そんな中、下取り時には掛かる費用というものがあり、その中には予め設定されている決まり事なども存在しています。その一方で下取り車手続き代行費用などといった項目に関しては、販売店側が自由に設定を行っている部分を持っているために、交渉次第では必ずしも支払う必要が無いというものも出てくる可能性があります。例えば名義変更を行う際には移転登録手数料というものが発生することになりますが、その他の手数料に関しては無料に設定することも不可能ではありません。また、自動車を移動させる際に必要としている手数料に関しても、自らが運転を行って販売店等に持ち込みをすることによって、省略することもできます。ディーラーとの交渉に関しては、それまでのお付き合いの状態や、今後のお付き合いの仕方にも影響する部分を持っており、まずは話し合いを行ってみることがおすすめです。

納車費用をカットするためのコツ

2015/05/22

 

車というのは非常に高額なものですから、購入をする時には少しでも安く買いたいものですよね。
そのためには必ずしも販売店に支払わなくても良い経費を知っておくことで、少しでもお金を節約することができます。
カットすることが出来る費用の中でも特に金額が大きく、節約に繋がるのが納車費用でこれは直接車と取りに行く代わりにその分の費用をカットしてもらうことができます。

家から販売店までの距離が非常に遠いという場合は別ですが、2-30分程度の距離にあるのであれば自ら取りに行った方が、お金の節約になりお得です。
特にこの費用というのは1万円近くかかることが珍しくありませんから、直接引き取りに行くことができる距離にあれば引き取りに行った方が良いでしょう。
この費用はカットすることが出来る費用の中でも、特に負担なくカットすることが出来るので車を購入する際の負担を軽減することができるのです。
また、別の利点としては販売店に納車をしてもらう場合、レッカーではなく自走によって納車されることが多いため新しい車を誰の手にも触らせたくないという場合には費用も節約することが出来、また誰にも運転させることがなく新しい状態の車を手にすることが出来るという利点もあります。

 

車庫証明費用の費用・手数料について

2015/05/22

 

車を購入する時には支払わなければならない手数料と、カットすることが出来る手数料があるのでそれを知っておくだけでも費用の節約をすることが出来ます。
そこで、自ら取得をすれば大幅に費用を節約することが出来るものに車庫証明費用があります。
これは、販売店に依頼をすると1万円から数万円かかるものですが、自ら取りに行けば数千円で済むものであるため少しでも節約をしたい時にはこの費用をカットしてみるのもひとつの手になります。

ただし、この方法は平日に2回警察署に行かなければならないため、平日に時間を取ることができる人でなければ難しいという問題があります。
また、書類に不備があれば何度も警察署を行ったりきたりすることになってしまうこともあるので、その点注意が必要となります。
書類の記入の仕方も難しいものではありませんが、慣れなければミスをしてしまいやすいので手間がかかってしまうことになります。
このような欠点があるので、金額によっては販売店に任せてしまったほうが手間がかからずに安上がりということもありますし、逆に時間を取ることが出来近所に警察署がある場合には自ら取得するだけの価値があるため、手間などを考慮して代行をしてもらうか自ら取得をしに行くのか決めると良いでしょう。

 

販売店に支払わなくても良いわかりづらい経費とは

2015/05/22

 

クルマを購入する場合に必要な費用というのは、車両価格はもちろんですが、その他にも税金や各種諸費用が必要になってきます。200万円のクルマであれば30万円以上の消費用が発生します。値引きで相殺される部分を考えても、これらの費用はばかにできません。しかし、それらの様々な費用を良く見てみると、いくつかの項目で手数料が発生していることがわかります。たとえば、車庫証明代行手数料や下取り手数料などです。それぞれ10,000円~15,000円程度の費用が請求されますが、これらの費用は必ず支払わなければならないのでしょうか。

たとえば車庫証明代行手数料ですが、自分で最寄りの警察署から車庫証明を取ってきたらこの手数料は必要なくなります。また営業マンによっては手数料をカットしてくれることもあります。何とかして営業成績を上げたい営業マンの中は、何も言わないのに手数料をカットしてくれることも少なくありません。特に値引きは少ない出たばかりの新車の場合、カットしてくれることが多いようです。また、下取り手数料を支払うのが勿体なければ、下取りをせず、クルマ買取業者に売却するのも手です。買取業者は手数料などありませんし、下取りよりも高値で買い取ってくれることが多いです。

 

検査登録費用の内訳とは

2015/05/22

検査登録費用とは、車検や各種手続きを行う際に支払う手数料のことであり、自動車の車種によっても手数料が変わっています。
自分で自動車の名義変更を行うと、申請時に移転登録手数料が500円必要になり、移転登録申請書の取得代金が100円必要になります。
ナンバープレートの変更を行う場合には手数料が2,000円も必要になり、自動車取得税が必要になる場合は納付するお金も準備しておかなければなりません。
自動車を購入すると、検査や登録などに関する行政手続きを購入した店に代行してもらうことができます。
代行を依頼すると、店側で作成した委任状に署名押印して検査登録料金を支払います。
購入した店に代行してもらうと、手数料として数万円必要になることもあることから、自分で手続きを行ったほうが費用は安くつきます。
しかし、検査登録を行う陸運局などは、平日しか受付けしておらず、午前中と午後4時までしかやっていないので、仕事で平日に時間がない人などは購入した店に代行してもらったほうがよいです。
また、自動車を購入すると車庫証明を警察に申請する必要があります。
こちらも平日の午前9時から午後5時45分ころまでしか受付していないので、注意が必要です。

納車整備費用の内訳とは

2015/05/22

 

新車を購入すると、様々な費用が発生します。その中でも各種手数料が目につくとことでしょう。具体的に請求されることが多い手数料を挙げると、まず車庫証明費用があります。クルマは駐車するスペースを確保しないと購入することができないからです。ただ、車庫証明書は自分でも簡単に取ることができるので、自分で行えば収入印紙代の2600円以外には必要ありません。二つ目に、納車費用です。これは自宅までクルマを運んでもらうときに支払う費用です。しかし、これも自分でディーラーまで取りに行けば支払う必要はありません。

三つ目は、下取り手数料です。それまで乗っていたクルマとの買い替えの場合は、古いクルマを下取りしてもらうことができますが、そのときに発生する手数料です。しかし、買取業者に売却する場合は、このような手数料は発生しません。このように請求されている手数料も、自分で行えば支払わずに済むことも多いのです。

しかし、必ず支払わなければならないものもあります。たとえば、納車整備費用です。中古車であればまだしも、新車なのに、なぜ納車のための整備費用が必要なのかと納得いかない方もあることでしょう。これは、販売店にはクルマを販売するにあたって責任があるので、各部の調整や点検を行う必要があるのです。また、洗車や内装のクリーニングなども行います。クルマの販売には、メーカーとして責任とディーラーとしての責任の二つあるわけですね。

 

【要チェック】販売店に支払う必要があるわかりづらい経費について

2015/03/07

 

自動車を購入する際に、費用がトータルでいくらかかるのかわかりにくいものです。それは車両価格のほかに、税金や手数料など様々な諸費用が発生するからです。この中でサービスしてくれるものや、自分で行えば費用が発生しないものもありますが、必ず支払わなければならないものもあります。

必ず支払わなければならないものには、まず自動車取得税、消費税、自動車重量税、自動車税などの各種税金があります。すべて合計するとかなり大きな額になります。自動車を所有すると、税金がいかに重いかを実感することでしょう。次に各種手数料があります。必ず請求される手数料に、納車整備費用があります。新車なのに整備の必要があるのかと思う方も少なくないことでしょうが、販売店には責任がありますので、メーカーとは別に検査する必要があるという考えのもとに定められています。この納車整備費用をカットすることは普通はできません。

しかし、納車費用や車庫証明手数料などは、自分で行えばカットすることができます。また、販売員の中には値引きの一貫として手数料をカットしてくれることもありますので交渉してみましょう。この他のものとしては、自賠責保険料、自動車任意保険料などの保険代がかかります。