車購入時の明細に含まれる諸費用とは

 

販売店の店頭でマイカーを購入しようとするときには、本体そのものに消費税を加えた価格のほかにも、諸費用としてさまざまな費用が必要となってきます。
こうした費用は、一般には法定費用と販売店手数料からなっており、特に法定費用のほうは割引やサービスなどといったものが適用されないため、ほぼ例外なく支払いが求められると考えたほうがよいでしょう。
法定費用としては、自動車税、取得税、重量税といった国や都道府県に対して納入する税金、あらかじめ預託が必要なリサイクル料金といったものが挙げられます。これらは重量や型式・グレードなどによって異なるものですが、少なく見積もっても数万円の出費は覚悟しなくてはなりません。
いっぽう、販売店手数料としては、運輸支局などの関係機関に出向いてナンバーの登録を受ける作業などを代行した際の手数料、警察での保管場所証明の取得を代行した際の手数料などが挙げられます。また、購入にあわせて法定整備が実施され、その整備費用なども上乗せされる場合があります。
このような諸費用をすべてあわせると、実際には本体価格のほかに数十万円ほどの費用がかかってしまうことがありますので、販売店からの見積書はしっかりと確認して、支払う金額に不足のないように注意しなければなりません。